ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2019年07月18日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
民労総の不法は黙認
野党への弾圧を警察に指示

 文在寅は先週、青瓦台の会議で、ソウル市が6月25日、野党の共和党が設置していた光化門広場のテントを撤去したとき、警察が積極的に関与せず傍観したと言い、警察を叱責した。
文政権は、普段から民労総の過激な暴力デモを制圧してきた警察を懲戒までした。
朴槿惠前大統領の保釈も許可せず、暴力デモを指揮した民労総委員長は、保釈で釈放した。民労総の暴力は日常化している。7月15日も民労総傘下の貨物連帯労組員が労組を脱退した仲間の運転手たちを集団暴行した。民労総の暴力は仮に検挙されても厳重な処罰を受けることはない。逆に今、民労総ら従北勢力は、李石基の釈放を要求している。
文在寅は、自分がトランプ大統領を訪韓するように招請したのに、従北勢力がアメリカ大使館前で反米デモをしても取り締まらなかった。その文政権が野党弾圧を公に注文したのだ。

2019-07-18 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
駐米大使候補を忌避人物に認定
文政権がGSOMIAを廃棄すれば、国...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません