ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年07月10日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
人と今 谷口マリアさん(アジアバレエエージェンシー室長)
韓日でアジアバレエの開花を

 「娘が3歳からバレエを習い始めたのですが、考えてみればそれが事の発端でした」
バレエママとして子どもを応援していた谷口マリアさんは、家に練習用のバーがあったらいいと考えた。ところがコンパクトなものが日本にはない。それならばと、出身地・韓国で探して取り寄せた。母国とバレエでつながった第1歩となる。
バレエママの内助は続く。バレエに必須な足の甲を伸ばす訓練に用いられていたのは、伝統的な木製の器具。重たくて持ち運びが大変だと、建設関係の仕事をしていた夫君に相談した。
「軽いものがないなら作ってしまおうと、主人と製品開発をしました。おかげでそれが評判を呼び、バレエ関係者の方々と知り合うようになりました」
そうこうしているうちに、韓日を軸としたアジアバレエの活性化を図ってみたいと強く思うようになり、夫妻でアジアバレエエージェンシーを立ち上げた。
日本では年間200~300のコンクールが行われているという。ところが応募者は日本人に限られていた。なぜ?という疑問が浮かぶと同時に、外国人にも門戸を開いたコンクールを開催しようと決心する。「2カ月で準備しました。無謀としか言いようがないです」と笑う。それでも4回目を迎えた今年は、韓国などアジア各地からだけでも60人を超えるダンサーが参加した。
「バレエのルールは世界共通です。400年近い歴史を持つヨーロッパに対して、アジアのバレエは日本でも100年程度。未知の可能性を秘めていると言えます。韓国と日本が励まし合って切磋琢磨したら、必ずアジア全体に良い影響を与え、アジアバレエの開花につながると確信します」

2019-07-10 6面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません