ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-09-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年07月10日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
都内で医薬品技術展
韓国から31社が参加

韓国パビリオンでは、相次いで商談が行われた
 医薬品・化粧品・洗剤などを研究・製造するための様々な機器やシステム、技術が一堂に会した展示会「インターフェックスWeek」が3~5日、都内で開催された。主催したのはリードエグジビションジャパン。
参加企業1183社のうち、ヨーロッパ、アジアなど海外からは35カ国・281社がエントリー。韓国は31社が参加し、その技術力を訴求した。医薬品や機械・部品などの各メーカーや商社、大学などの研究機関からおよそ4万2000人(主催者発表)が訪れ、商談や研究に対する質問などで各ブースは賑わった。
2011年、韓国の東亜製薬(当時)と日本のMeiji Seikaファルマが業務提携して設立したDMBioは、韓日の協力で誕生したバイオ医薬品の専門会社だ。今回はMeiji Seikaファルマとの共同出展で、組み換えタンパク質や抗体医薬品などの受託製造サービス、品質試験、工程開発などで活発に商談を行った。
ある韓国企業の研究者は、医薬品や化粧品の研究開発において、韓国を中心的な拠点として世界が繋がるようになることを目標としていると話す。
韓日をはじめとする世界で開発されている技術が、よりよい暮らしに繋がっていくことを期待する。

2019-07-10 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
K-POPに夢を託す若者たち~全国か...
「曺国事態」韓国は全体主義へ行くか内戦か
ソウル光化門の台北代表部前で、国交正...
曺国・法務部長官候補の疑惑 
朴槿恵弾劾を弾劾した最高裁判決
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません