ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-03-25 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年07月10日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
K-POP日本大会開催 
大賞の浅田さん 韓国の世界大会へ

海外からの留学生も参加

 「K―POPコンテスト日本大会2019」が6日、東京韓国文化院で開かれた。事前審査と地方予選を勝ち抜いた15チームが参加。300人近い観客が見守るなか、熱戦を制した浅田真子さんが大賞と、韓国での世界大会への出場権を獲得した。

インド、タイなどの留学生チーム。コンテスト開始以来、最も国際色豊かな年となった

 同コンテストは、韓国語を母語としない日本居住者を対象に08年からスタート。今年で12回目を迎える。大賞受賞者は、韓国で開かれる世界大会への出場権を獲得する。
当日は、事前審査の合格者と大阪・北九州大会の予選通過者が参加し、欠席1人を除いた15チームがしのぎを削った。300近い観覧席はほぼ満員となった。
日本以外にも、インド・オーストラリア・タイ・トリニダードトバゴなど、参加者の出身国は多様だ。留学や仕事で日本を訪れているとのことだったが、多くは自国で既にK―POPに親しんでいたという。K―POPの世界的な影響力が顕在化した形だ。
大賞に輝いた浅田真子さん(右)
 大賞に選ばれたのは、「Stars」(Rothy)を歌った浅田真子さん。伸びやかな高音とビブラートで審査員の心を射止めた。「大賞をいただけるとは思ってもいなかったので嬉しい。他の方々の分まで頑張ります」と抱負を述べた。
審査のコンセプトは何だったのか。審査員の一人に話を聞いたところ、「完成したエンターテインメントを提供できるかどうか」と答えてくれた。緊張をはねのける力や歌唱力などを内包した、「トータルのスター性」で判断したそうだ。
また、K―POPがここまで世界に受け入れられている要因について尋ねてみると、「やはり韓ドラの席巻が下地になっていると思う。韓国ではそのドラマ専用に歌を作るので、そこからK―POPに興味を持った人も多いはず」と興味深い意見を述べてくれた。
昨今の韓日関係については、「政府と民間でかなり温度差がある」とのこと。「民間の文化的な活動を通して、世論から認識を変えていければ」と期待を語った。

2019-07-10 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
朝鮮大学校の卒業式、今年が最後か
韓国でマスクの再利用が可能となる抗菌...
習近平のために国民を犠牲にする文在寅
保守団体が国民総決起大会
韓日関係の基礎を打撃した武漢肺炎
ブログ記事
「俺はこういう人間だ」
3.1運動101周年 自由大韓民国第2独立宣言書
NO CHINA、文在寅を武漢へ、中国人を中国へ!
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
自由統一
北韓の新型戦略兵器は「MIRV」?
金正恩・金与正共同政権か
駐韓米軍司令官「北韓軍の封鎖はコロナ...
混乱する北韓
対北攻撃態勢整った米国を挑発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません