ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年07月10日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 日本政府が韓国向けの半導体原材料の輸出管理強化に踏み切った。いわゆる徴用工訴訟で何らかの対応を求めていたが、それに対する回答がなかったことへの対抗策とみていい▼韓国では、韓日の「貿易戦争」が始まったと捉える論調もある。韓国側も対日貿易や経済活動で対抗措置を講じ、互いに一歩も引けない状態になっている▼今後の両国関係については、悲観的な見方が圧倒的だ。韓国側は今のところ、日本側が求めている対策を取る構えは見せていない。日本側も、落としどころは見出しにくい。両国にとって経済的なダメージは計りしれない▼一方、今回の措置は今後の韓日関係の行方を占うものになるかもしれない。特に若い世代が、両国の政治関係が悪化する中で、どのような反応を示すかに注目したい▼徴用工訴訟の問題が浮上してからも、日本から韓国への旅行者数は減っていない。新大久保などのコリアンタウンでも、客足が遠のくようなことはないという。政治問題が市民間の交流に影響する心配は少なさそうだ▼今回の日本の規制強化の根本的原因は、文在寅政権の対日政策にある。1965年に韓日間で調印された韓日条約を反故する徴用工に対する最高裁判決を容認した。現在、親日鉄住や三菱重工が韓国に保有する資産の差し押さえ、現金化への動きが進んでいる▼一方、今回の安部総理の制裁措置は、反日感情を利用した政権運営を行う文政権を、逆に勢いづかせる危険性もある。悪化した韓日関係は、政治的にしか解決できない。

2019-07-10 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません