ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年07月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「民族大統領はいらない」―朝鮮日報論説顧問・姜天錫―

朝鮮日報で論説顧問を務める姜天錫氏は6月23日、「大統領は国家の最高指導者という立場と重みを理解すべきだ」と述べた。これは文大統領が6日に行われた顕忠日の演説で、金元鳳を「韓国軍のルーツ」と呼んだことに起因する。
姜氏は、「大統領はその座を降りる時まで、責務に忠実でなければならない。未熟な『民族大統領』は内部分裂を深刻化させ、北朝鮮同胞の奴隷状態を長引かせ、同盟を引き裂くだけだ」として、大韓民国大統領としてふさわしい発言と態度を求めている。

「誇れる模範国家に」―高麗大学経済学科教授・李鍾和―

高麗大学経済学科で教鞭をとる李鍾和教授は6月27日、「韓国は貧困に苦しむ後進国にとって希望の星だった。だが最近では印・豪などの中堅国家に後れを取り、近年の経済政策は国際機構で失敗事例として扱われている」と嘆いた。
李氏は、「内部葛藤や外交不順が不安視されている。韓国に対する否定的な印象が広がっているのは残念」と語った。
また、「未来に向けて協力し、国家の地位を持続的に高めてこそ、『模範国家』として誇れる」として、国家指導者のリーダーシップが大切だと述べている。

2019-07-03 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません