ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年07月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
都内で「ライフスタイル展」
韓国から100社が出展

 雑貨・インテリア・ファッションなど、ライフスタイル商材の総合展「第14回ライフスタイル総合EXPO夏」が6月26~28日、東京ビッグサイトで開催された。全部で八つの専門展に世界25カ国から1344社が参加した。韓国からは100社が出展し、バイヤーの関心を集めていた。

 「ライフスタイル総合EXPO」は2007年から始まった生活雑貨やインテリア、ファッションなどの総合展示・商談会だ。今回で14回目を迎える。主催者(リードエグジビションジャパン・東京都)の発表によると、海外の685社を含む1344社が7万2000点に及ぶ新作を展示し、3日間のトータルで約5万人が来場した。
 展示は、(1)雑貨(2)ベビー&キッズ用品(3)ファッション雑貨(4)テーブル&キッチンウェア(5)デザイン製品(6)ヘルス&ビューティグッズ(7)インテリア&家具(8)文具・紙製品の8部門にわたる。
韓国からは、雑貨展に40社、ベビー&キッズ展に18社、ヘルス&ビューティグッズに17社など、併せて100社が出展した。日本の輸入業者・代理店との契約や、直接取引を希望し、新作を含む各社自慢の製品を訴求した。
韓国も日本も、少子化対策は喫緊の課題だ。女性の育児を助け、男性も育児参加しやすくするための入浴補助椅子を紹介するブースでは、リンゴ1個分の重さでプレゼントにも最適とアピールしていた。
近年、中・高校生を中心に人気が高まるキャラクター文房具の新製品は、セレクトショップや小売店のバイヤーから関心を集めていた。
美容関連といえば、まず韓国ブースから回るのが定番だと、あるバイヤーは話す。最近では日本の高齢男性が健康に興味を持ち始めて、夫婦で韓国の製品を求めに来るケースも増えたという。
日本のライフスタイルに韓国のグッズはなくてはならないものになっていると実感する。

写真上(左)健康・美容関連では韓国企業がバイヤーの注目を集めていた(右)若い世代に人気のキャラクター商品/写真下:2会場で8展示会を開催。セレクトショップ、百貨店、小売店、ホテル関係などから多くのバイヤーが来場

2019-07-03 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません