ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年07月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
サウジと83億㌦規模の経済協定
サムスン電子などが合意

 サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は26日、韓国財閥5大グループのトップと会合を持ち、韓国企業に83億ドル規模の経済協力を約束した。 
会合に参加したのはサムスン電子の李在鎔副会長、現代自動車グループの鄭義宣首席副会長、SKグループの崔泰源会長、LGの具光謨代表、ロッテグループの辛東彬会長ら。
ムハンマド皇太子は、売り上げがサウジの国内総生産の70%を占める巨大企業国営石油企業のアラムコと韓国企業の協業を提案した。8社と12件の事業協約を締結した。アラムコは大株主であるエスオイルに7兆ウォン規模の追加投資を約束したほか、現代オイルバンク、現代重工業、GSグループ、韓国石油公社、暁星グループ、大林グループなどがアラムコと協力関係を約束した。 
一方、サムスン電子とはサウジが推進しているスマートシティ事業について協議。5G、AI技術が大規模に使われる未来型都市プロジェクトであることから、サムスン電子の先端技術の活用について話し合われた模様。
現代自動車とは、水素エネルギー、炭素繊維開発などで戦略的協力を強化する内容の了解覚書(MOU)を交わした。

2019-07-03 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません