ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-10-17 04:37:15
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年07月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 6月30日に板門店で実現した南北および米国の首脳同士による会合は、その可能性こそ指摘されていたが、サプライズでの実現となった。メディアはこぞって「史上初」の3者会談を報じた▼会談を呼びかけたのはトランプ大統領だという。会談の結果、非核化に向けた交渉を再開することも決まった。だが、これらは決して北韓の非核化に向けた動きが加速することを保証するものではない▼トランプ大統領は交渉の進展を急いでおらず、金正恩にはそもそも非核化という選択肢がない。非核化しようと思えばいつでもそちらに舵を切れるのに、一切していないのがその証だ▼今回の会談の行方が一番気になるのが、文在寅大統領だろう。G20で外交的な孤立が浮き彫りとなった文大統領にとって、北韓だけが外交面でのカードだ。経済政策も不振で、支持率は低下している。かつての支持層からも退陣を求められている▼非核化に向けての実務者協議は今月中旬から再開されると見られている。窓口となっていたポンペオ米国務長官は今後、ビーガン北韓担当特別代表が窓口を務めると説明。北韓側は解任されたとされる金英哲氏の後任を言明しなかった▼いずれにしろ、段階的非核化を主張する北韓と米国の溝を埋めるのは容易ではないと見られる▼文大統領は訪日中、在日同胞との会合で日本との関係の重要性を強調した。一方、懇談会に反国家団体である「韓統連」関係者を出席させ、在日同胞社会にも文政権の従北政策を押しつけているのが現状だ。

2019-07-03 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
曺国事態に文政権打倒の暴動がなぜ起きないか
決戦に出た脱北者
臨界値を超えた韓国社会 
『反日種族主義』の著者が語る「韓国社...
「文在寅打倒」対「曺国守護」の大衝突
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません