ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2019年07月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
トランプのつぶやき(ツイッター)で崩れた中朝同盟70年
韓半島への掌握力を誇示した米大統領

板門店に出た金正恩に不快な中国

韓半島が米中戦争の主戦場であることを示した事件だった。全世界にトランプ大統領の訪韓を注目させたのは板門店で実現した米朝首脳接触だった。中・朝同盟70年がトランプの短いツイートで崩壊した。米・朝は、「北の非核化」の実務会談を再開するとした。金正恩に会いに平壌へ行った習近平の不快感は直ぐ現れた。中国当局は、北京市内の韓国企業の広告を一夜にして撤去した。トランプは韓国企業家たちを励ましたのに、日本は韓国に報復措置を決めた。

 中国の最高指導者として14年ぶりに平壌を国賓訪問して中・朝同盟70年を誇示した習近平の対米戦略が、トランプ大統領の板門店での演出で無力化された。トランプ大統領は文在寅の懇願による訪韓を、米国の韓半島への掌握力を示す機会として活用した。
トランプ大統領は韓国到着後、文在寅と首脳会談の前に韓国の大企業の最高経営責任者たちに会い、彼らの企業活動を励まし米国への投資を勧めた。
平素、北の非核化の問題で金正恩を代弁し親中路線を堅持してきた文在寅は、トランプ大統領との会談でインド太平洋戦略を支持すると言った。数日前、習近平に中国の一帯一路戦略を支持するように見せた態度から豹変した。
トランプ大統領は訪韓の前日に投稿したツイートで、金正恩に板門店で会おうと言った。米上院が国防授権法案で、国連制裁とは別に、北韓を国際金融網から排除した6月27日だった。北韓を戦略的に絞殺する決定的措置だ。
文在寅の青瓦台の仲介努力によって6月30日の午後、板門店で米朝首脳会談が実現し、米・朝が、北の非核化のための実務協議の再開に合意した。金正恩は習近平を信じたのか、数日前までポンペイオ長官やビーガンなどを米朝交渉から排除し、年内に新たな交渉基準を作れ、と米国に要求していた。だが金正恩は、イランの最高指導者・ハメネイや革命防衛隊司令官などに制裁措置を取ったトランプ大統領の断固たる行動に圧倒されたようだった。
金正恩時代の最大の実績を核武装と宣伝している平壌側の失望は、北の媒体の米・朝板門店会談の報道に現れた。特に、3日前まで非核化の意思がまったくないと宣言し、対米接触を仲介してきた文在寅への怒りを表明した平壌側としては、彼らが拒否したポンペイオやビーガンと2~3週間以内に実務会談をすることに同意したのは屈辱的だといえる。
習近平と金正恩の戦略的連携は、板門店会談で決定的に揺らぐようになった。中・朝とも圧倒的な軍事的優位を保ち、経済を武器としたトランプ大統領の新しい戦争にお手上げ状態だ。共産全体主義体制が期待するのは自由主義体制の指導者は選挙をやらねばならないことだ。トランプは軍事力を使わず、北と中国とイランを絞殺している。
中国は、韓国が米中戦争で米国側に立たないよう圧力をかける。北京市当局は6月29日の夜、サムスンと現代自動車の看板120個を事前に何の通告もなく一晩で完全に撤去した。
一方、安倍政権は文在寅ではなく韓国企業や韓国国民に報復措置を取った。文政権と大韓民国を分離して対する米国とは対照的だ。文在寅は平壌から相手にされず、中国や日本からも敵対的待遇を受けている。

2019-07-03 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
「自由民主市民統合連帯」結成を呼びかけ
北韓人権問題に消極的な日本当局
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません