ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年06月26日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「『いいとこ取り』は終わり―世宗研究所常任研究員・李成賢―

世宗研究所で常任研究員を務める李成賢氏は17日、「米中貿易戦争のさなかで、韓国が”いいとこ取り”できる時代は終わった」とシビアなコメントを発表した。
李氏は米中貿易戦争の本質について、「イデオロギーと世界観の異なる二つの文明の覇権戦争」と表現する。
同氏は、「安米・経中どころか、選択しないという次善策さえ、もはや使えない。最も避けるべきは選択を強要される事態だった。今後1997年の通貨危機より厳しい時期を迎える恐れもある」と、苦境への備えを促している。

「モラルの低下著しい」―峨山政策研究院安保統一センター長・申範澈―

峨山政策研究院安保統一センター長の申範澈氏は16日、現在の政府には綱紀粛正が必要だ、と厳しく批判した。
申氏は、「『パッシング』がまかり通るのは職権らん用だ。そんな環境では、公務員たちは上の機嫌ばかり取って仕事をしない」と、政府内のモラル低下を危惧している。
同氏は、壬辰倭乱が起きる前に栗国・李珥が国政を憂えた過去と、今の韓国はよく似た状態だとして、「苦労して築いた国の平和と繁栄が脅かされた状態で、無能な王をいさめる李珥の顔が浮かぶようだ」とため息をこぼした。

2019-06-26 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません