ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年06月26日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
サムスン電子が新規事業計画
NPU分野で世界トップを狙う

 世界的な半導体市場の縮小などから、今年のサムスン電子の営業利益は昨年の58兆8900億ウォンの半分にも満たないのではとの見通しが出ている。
米中貿易紛争の余波などから、今年下半期には回復すると見られていた半導体不振が、来年まで長期化するのではとの予測が出てきたからだ。さらには、サムスンバイオの会計不正捜査など各種問題が生じている。
こういった背景のなか、サムスン電子は新規事業展開を打ち出した。
同社は18日、人工知能(AI)処理専用のプロセッサ「ニューラルネットワーク・プロセッシング・ユニット(NPU)」分野に注力していく方針を明らかにした。
NPUはAI処理速度を高めるための部品で、複数の演算を同時に処理する。今後、ビッグデータの分析などに必要不可欠なものとなると言われている。同社は、システムLSI事業部とサムスン総合技術院で先行研究と製品開発を進めてきており、2030年までにNPU分野の人員を現在の10倍以上となる2000人程度に増やし、NPUの技術開発に総力を挙げる方針を発表した。
NPUはモバイル通信分野、データセンター、IoTなどITのあらゆる分野で活用できることから、AI時代の主導権を握るカギとなる。

2019-06-26 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません