ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-09-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2019年06月26日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
国民抵抗運動が拡散
文在寅大統領退陣を要求

 「文在寅退陣のための国民の会」(国民の会)が24日、「6・25南侵69周年特別記者会見文」を通じ、文在寅を「大韓民国国民の公敵」と規定、国民に決起を訴えた。
「国民の会」は、大韓民国国民はまたも金日成共産集団の奇襲南侵のときと同じ事態に直面したと言い、「大統領の仮面をかぶった文在寅という者が、金正恩集団の手先になり、大韓民国の国防を解体し、北韓集団の共産化の脅威に協力している」と糾弾した。
自由右派性向の元外交官の集まりである「国を愛する元外交官の会」(以下、外交官の会)も22日、第4回時局宣言を発表、文在寅大統領に年末までに下野を求めた韓国キリスト教総連合会(韓基総)の声明を支持した。「外交官の会」は、文在寅政権が韓・米・日の三角同盟に協調せず、中国には「主権を放棄するように屈従的」と糾弾した。
一方、自由右派性向の法曹団体の「韓半島の人権と統一のための弁護士会」(韓弁、金泰勳常任代表)と「大韓民国守護予備役将星団」(大守将)が25日の午前、記者会見を行い「9・19南北軍事合意書」に対する憲法訴願を憲法裁判所に再度提起する。大守将と韓弁は今年の1月21日、南北軍事合意書と批准行為が違憲という趣旨で憲法訴願を提起したが、憲法裁判所は本案審理もせず基本権への直接侵害がないと1カ月で却下した。
韓弁は24日、憲裁の却下決定が過度に楽観的な対北観に起因し、北韓が反国家団体である事実を無視、国民の生命権など基本権の侵害を間接的、事実的利害関係として判断したのは大韓民国憲法機関の自己否定と批判した。
また、却下決定後の状況悪化など事情変更を摘示した。9・19南北軍事合意書は、北の非核化と国民の安全を前提としているはずだが、2月のハノイ会談決裂により北側の米朝対話は核保有国の地位を確保する意図であることと、北韓が去る5月、迎撃も無力化する短距離ミサイルを発射していることも指摘した。

2019-06-26 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
K-POPに夢を託す若者たち~全国か...
「曺国事態」韓国は全体主義へ行くか内戦か
ソウル光化門の台北代表部前で、国交正...
曺国・法務部長官候補の疑惑 
朴槿恵弾劾を弾劾した最高裁判決
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません