ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-09-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年06月19日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】『回復する人間』ハン・ガン著/斎藤真理子訳
傷を負った人たちへの繊細な視線 再び歩き出せるように背中を押す

 紙で指を切った経験はあるだろうか。紙を折る仕事を与えられて、それを一生懸命やっていたら両手が傷だらけになってしまった。ひりひりした痛みで、もはや何にも触れることができなくなる。本書の登場人物には一様に、このような痛みが存在する。
頑張って生きてきただけなのに、病気や事故などの思いがけない出来事や人間関係の摩擦で自分の人生のシナリオを余儀なく変更させられる人たち―その書き換えがうまくいかない。土の上に横たわって動けなくなる人、充血した目でぎりぎりの生活を続けていくであろう人―それでも著者は言う、まだ知らないだけだと。治ることなどないと思われた傷が少しずつ回復していることを、まだ知らないだけだと言い続ける。
本書に収められている7編の作品は、2003年から12年の間に発表されたものだ。10年近い歳月が流れているが、一貫したテーマがそこにある。
傷を負わない人生を歩む人など、この世にはいない。本を閉じた後、運悪く壊れてしまった部分があったとしても粘り強く自分を復元してほしいと、かすかな声を聞いたような気がした。
白水社刊
定価=2400円(税別)

2019-06-19 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
K-POPに夢を託す若者たち~全国か...
「曺国事態」韓国は全体主義へ行くか内戦か
ソウル光化門の台北代表部前で、国交正...
曺国・法務部長官候補の疑惑 
朴槿恵弾劾を弾劾した最高裁判決
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません