ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年06月19日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】『韓国人のこころとくらし「チンダルレの花」と「アリラン」』イ・ギュテ著/矢島暁子訳
世代を超えて培われた「意識の構造」伝統的な習慣が根付いた背景も解説

 人を理解するためには、前段階として学習が必要だ。一個人の中に流れる歴史、脈々と受け継がれてきた思考やものの見方などを知らなければ、目の前にある「振舞い」の意味を間違える。
本書は、元朝鮮日報論説委員でコラムニストの著者が研究した『韓国人の意識構造』シリーズの一冊である。原書の発刊は2001年、大変なスピードで変化した韓国社会だが、逆に変わらないものが浮き彫りになる。
韓国は、家族との関係が最も重要な家族中心主義の国だとし、利害を超えた家族的な人間関係、つまり理屈や損得を超えた「情」が通じる関係を理想だと考える。この非打算性が上手く機能すれば、世界の物質文明の繁栄に貢献することができる大切な精神文化だとしたうえで、依存的な面は否めず根本には甘えがあるとも指摘する。
さらに、「体面」を重んじる韓国人は、身分や威信が損なわれることは決して受け入れない。上昇志向の並々ならぬ強さは、一元的な意識構造に由来すると説く。
互いの相違を学び、それぞれの長所を伸ばす努力を惜しまないことが人間関係を円滑にする。自分の物差しを柔らかくするためにも、一読をお勧めしたい。
彩流社刊
定価=2500円(税別)

2019-06-19 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません