ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年06月19日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
日本での就労支援 韓国の若者向けプログラム

 新韓銀行(ソウル特別市、晋玉童銀行長)が立ち上げた財団をもとに韓国外国語大学(ソウル特別市、金仁喆総長)が運用している「グローバル・ヤングチャレンジャー・プログラム」は、韓国の若者を対象に国外での就労支援を行うもの。その一環として12・13日、都内で日本企業との面談が行われた。

面談を控えて緊張気味の金知姸さん(左)と鄭宇衍さん。「日本の生活にも慣れてきました」と話す(面談会場:パソナ本社・TRAVEL HUB MIXにて)
 就労支援プログラムにより、5月1日から兵庫県淡路島で日本語や商慣習などの研修に励んできた韓国の若者48人が、いよいよ企業との面談に臨んだ。
創業48年を迎えるファシリティマネジメントの企業(本社東京都)は、IT技術者を募集している。日進月歩の業界において、高い向上心を持つ人材を求めており、韓国の若者に期待するところは大きい。AI企業(本社東京都)は、ベトナムにも支店を持ち、グローバルな人材を確保したいとして面談に参加した。
優秀な海外の人材に関心を抱いている企業は、IT関連だけではない。本格的なグローバル企業を目指すメガネ・サングラスの製造販売会社は、海外進出及び海外生産拠点の強化のため、国籍を問わず広く世界中から人材を募集しているという。日本では韓国のファッションに人気が集まっており、そのセンスに期待を寄せる。
面接時の注意点などを、日本でのプログラム受託企業のパソナから指導された若者たちは「緊張してはいるが、将来が開けていくと実感している。しっかり自分をアピールしたい」と力強く話していた。

2019-06-19 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません