ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年06月19日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「千年の響・千年の舞」G20大阪サミット記念

小鼓舞公演

 民団大阪本部と大阪韓国文化院が共催する韓国国立民俗国楽院”千年の響・千年の舞”が12日、サンケイホールブリーゼで開催され、1000人以上が観覧した。
これは、今月28・29日に開催されるG20大阪サミットを記念し、韓日両国の文化交流と友好促進、そして多文化共生社会発展を祈願して開催されたもの。
国立民俗国楽院は、韓国文化体育観光部の所属機関で全員が幼少期から英才教育を受けている韓国伝統芸能のスペシャリストとなっている。
公演は楽器演奏、歌唱、舞踊など多彩なプログラムを盛り込んだもので、観客は、「また見たい」「すごくよかった」「幻想的な素晴らしい舞台だった」など感想を口にしていた。

2019-06-19 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません