ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年06月19日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
パチンコ依存症対策で勉強会
業界一丸で難局乗り切る

 パチンコ業界に規制の風が吹いている中、関連事業者は社会問題解決に貢献することを宣言、ギャンブル依存症対策に取り組んでいる。今年1月に続き、2回目となる依存症対策勉強会が都内で開かれた。

 日本政府は4月19日、ギャンブル等依存症対策を推進する上での基本計画の閣議決定を行った。この計画は、競馬や競輪などの公営ギャンブルやパチンコの事業者に対し、施設内の現金自動預払機(ATM)撤去や顔認証システムによる依存症患者の入場制限の検討を求めるといった内容だ。政府がカジノを含む統合型リゾート施設(IR)計画を推進していく上で、ギャンブル依存症対策を求める声が高まってきており、これを受けてのものだ。

参加者と各社の代表ら

 パチンコ業界もこの流れから積極的に依存症対策に取り組んでいる。
今年1月、パチンコホール大手5社(合田観光商事・ダイナム・ニラク・マルハン・夢コーポレーション)はギャンブル依存症に対し共同で対応することを表明、5社の代表が共同声明を発表した。これに続き「第2回パチンコ依存症対策勉強会」が13日、都内で開かれた。
1月に共同声明で「全国のホール法人が依存症対策に取り組めるよう、先頭に立って啓蒙・牽引します」と表明したが、今回は全国14社から105人の社員が勉強会に参加した。参加したのはABC、合田観光商事、サンキョー、三慶商事、正栄プロジェクト、善都、ダイナム、日拓グループ、ニラク、ピーアークホールディングス、平成観光、マルハン、夢コーポレーション、デライト・コミュニケーションズ。
1月の勉強会に引き続き、監修役として認定NPO法人リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)の西村直之代表理事が参席し、「依存について考えよう」をテーマに講演を行った。
各社の社員たちはRSNの電話相談事例を基にしたケーススタディを行い、依存症への対応方法を討論した。ある参加者は「お客様が安心して楽しめるパチンコを作りたいのは、みんなが同じ思い。今日学んだことを絶対忘れない」と述べた。マルハンの韓裕取締役社長は「これからも共により良いパチンコホール業界を作っていこう」と閉会の挨拶を交わした。 
今回の勉強会の動画は19日、YouTubeを通じ公開される予定。

2019-06-19 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません