ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2019年06月19日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
検察の親衛・政治検察化が完成
尹錫悦を検事総長に指名

 文在寅が17日、ソウル中央地検長の尹錫悦を次期検察総長に指名した。高等検察庁検事長を歴任せず、先輩と同期40人を抜いて検察の総帥に指名したのだ。もちろん、国会の聴聞会の手続きはあるが、文在寅はこれまで国会の聴聞会の同意がなくてもそのまま任命してきた。これで文在寅は、最高裁判所、憲法裁判所に続き、検察の首脳部まで左翼検事で固めたことになる。
尹錫悦は、朴槿惠前大統領を引き下ろした政変の引き金となったタブレットPC捏造の共犯であり、違法な特別検事の査捜査チームを指揮して違憲弾劾を引き出した、文政権出現の一等功臣だ。文在寅は当選するや直ちに尹錫悦をソウル中央地検長に任命し「積弊清算」という粛清を任せた。つまり、文在寅と尹錫悦は運命共同体だ。
尹錫悦に与えられた任務は、全体主義の恐怖社会を作るため「積弊清算」という粛清を続け、文在寅側の不正を隠蔽、保護し、来年の総選挙で野党政治家を牽制することと思われる。
文政権の政治検察化を防ぎ法治と検察を救う道は、今のところ尹錫悦の先任者や同期が慣例に従って勇退しないことだ。
一方、文在寅政権に対する国民抵抗も急速に拡大している。全光焄・韓基総会長(牧師)が文在寅に下野を求める声明を発表した。全光焄会長は声明で、6・25南侵戦争で焦土化したあと世界で10指に入るまで発展した誇らしい大韓民国が、文在寅政権により地球から消える危機を迎えた。文在寅は、主体思想を宗教的信念の境地にして青瓦台を占領し、あらゆる機関や組織、甚だしくは右派市民団体まで占領して目的に向かって邁進しているため下野運動を決心したという。

2019-06-19 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません