ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年06月12日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
酒類への課税方式変更
国内産と輸入品の不平等感解消へ

 文在寅政権は5日、来年から酒類に対する課税方式を、従価税から従量税に段階的に転換することを決定した。
従価税は価格を基準とする課税方式で、従量税は酒造類の量やアルコール分に比例して課税する方式だ。韓国では1968年に酒税を従価税方式に変更したが、再び従量税を採用することになる。
来年から従量税の対象となるのはビールとマッコリ。ビールには1リットル当たり830・3ウォン、マッコリは1リットル当たり41・7ウォンの酒税が課される。一方、その他の酒類については、ビールとマッコリの切り替えの効果などを見極め、決定していく方針だ。
今回従量税に切り替えた背景には、国内製造のビールなど酒造類の販売不振があげられる。韓国産ビールは出荷価格が課税標準となるのに対し、輸入ビールは輸入申告価格が基準となるため、国産ビールが逆差別されているとの指摘があり、割高感があった。

2019-06-12 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません