ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 国際
2019年06月12日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国を亡国へと導く親中・従中派メディア

 中共が米中戦争で韓国を脅迫している。中国共産党に弱点を握られた親中・従中派を前面に出して、政府と企業を圧迫している。
中共はTHAADを忘れたかと恐喝する。THAAD事態でロッテグループはもちろん、多くの企業が中国当局の不当な措置で損害を甘受している。中共は中国に投資した韓国企業の撤退も妨害している。
問題は、完全に従中の文政権だ。政治家の多くが言うべきことを言わない。最も深刻な存在が韓国のマスコミだ。中共の不当な行動を国民に伝えるべきメディアが沈黙している。
朴槿惠前大統領の違憲弾劾政変のとき、虚の記事で国民を扇動した朝鮮・東亜・中央日報の沈黙は許せない。中央日報のオーナーの洪錫炫が親中なのは有名だが、朝鮮日報と東亜日報は中共に弱点でも握られたか。
中共は韓半島を侵略、統一を妨害した韓民族の仇だ。「1953年体制」が終わろうとしているのに、文政権と朝鮮・東亜・中央日報が韓国を亡国へと導いている。国民の多数は米国側に立たねばならないことを分かっているのに。

2019-06-12 1面
뉴스스크랩하기
国際セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
文政権がGSOMIAを廃棄すれば、国...
駐米大使候補を忌避人物に認定
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません