ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-12 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年06月05日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
海を渡った先人達<8> 先人2人目 卑弥弓呼素(ひみきゅうこす)④

 さて狗奴国の場所を久留米市一帯と比定しましたが、「久留米」の語源については、諸説あって確定されていないようです。「留」は、<ル><ト><トメ>などと発音されます。そのため、久留米は初め<クトメ>と言われていた可能性があります。狗奴国の<クド>、久留米の<クト>は、何らかの関連がありそうです。
また、久留米市にある高良山にも注目しています。「高良」は<コウリョウ>とも発音されることから、高句麗の朝鮮語読み「高麗」<コリョ>に通じています。高句麗から来た位宮は、狗奴国の王に就任するや、この山に登って眼下に広がる絶景を眺めたことでしょう。背振山の山並みの麓にある邪馬壹国の様子も捉えていたのかもしれません。
その高良山の西側の山麓に「祇園山古墳」があります。弥生末期の古墳で、九州でも最古の古墳と言われています。この古墳は、下部が一辺約24メートル、高さ約5メートルの方形墳で、二段に造られ、周囲は石で葺かれています。この古墳は、高句麗で西暦200年頃までに成立した「方壇石槨積石塚」に酷似しているのです。
倭王になった卑弥弓呼素に国中が服従せず、千人もの死者が出るほど争った後、卑弥弓呼素はどうなったのでしょうか。魏志倭人伝には何も書かれていません。しかし、古事記や日本書紀の『神代』に、卑弥呼と卑弥弓呼素の出会いから、卑弥弓呼素の追放までの出来事が記されていると思われる物語があるのです。
神代(上)《素戔嗚尊の誓約》『はじめ、素戔嗚尊が高天原に上った時、天照大神は、その神の荒くよからぬことをご存知で、やって来る様子をごらんになると、顔色を変えて驚かれ、わが弟のやって来るのは思うに、きっと国を奪おうとする志があるのだろう。何で自分の行くべき国を棄てておいて、わざわざこんな所に来るのかと言われ、素戔嗚尊を激しく詰問された。すると素戔嗚尊は、私ははじめから汚い心はありません。ただ姉上にお目にかかりたかっただけです(後略)』
神代〈上〉《天の岩屋》『素戔嗚尊が、高天原の天照大神のところにやって来た後、素戔嗚尊の仕業は言いようもないほどひどかった。天照大神の田は良田だったが、素戔嗚尊の田は皆やせ地であった。雨が降れば流れ、日照りになると旱魃になった。素戔嗚尊は妬んで、天照大神の田の畔を壊し、馬を放して田の中を荒らした。
これらのことによって、天照大神は怒って、天の岩屋に入り岩戸を閉じてこもってしまった。それで国中常闇になり、夜昼の区別もわからなくなった』『その後、もろもろの神たちは罪を素戔嗚尊に着せて、髪を抜いて罪をあがなわせた。また、手足の爪を抜いて罪のあがないもさせたという。そして、ついに高天原から追放した』
このように、神代(上)には、卑弥弓呼素が卑弥呼と会った時の様子、二人の争い、卑弥呼の死、卑弥弓呼素の追放と、かなり具体的に表されているように思います。

2019-06-05 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪・金剛学園に吹く革新の風
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
亀裂深まった韓米同盟
暴君のための洗脳教育を中止せよ
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません