ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年06月05日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【文学】私のおすすめの一冊「この韓国文学がおもしろい!」

 韓国文学を手にとったきっかけは何だろうか。「表紙がおしゃれだったから」という理由で選ばれたのは『カステラ』である。ユーモアが効いた文体で、一度読んだら著者のほかの作品も読みたくなるとの評判だ。
表紙に惹かれて本を手にする人は多い。音楽に興味を持っている人なら、バイオリンの絵と『楽器たちの図書館』というタイトルは素通りできないだろう。図書館で何気なく見つけた一冊から韓国文学への扉が開いた。音楽の手法、たとえばリミックスなどが小説に取り入れられているのも興味深い。韓国のラジオ番組にゲスト出演していた作家の話に惹かれ、早速自伝を購入したというケースもある。
近年、韓国文学が日本で受け入れられるようになった背景には、悲しみの共感があるのではないかと、出版社クオンの金承福社長は分析する。国家分断という背景を持つ韓国には蓄積された悲しみが存在する。韓国文学の底に流れるその感情が、現代社会を生きる上で孤独や不安を抱えている人たちの琴線に触れるのかもしれない。

写真=(上段左から)ソウル入城記(韓国語)/私は平壌のモニカです(韓国語)/新女性を生きよ(パク・ワンソ著)/少年が来る(ハン・ガン著)/耳を葬る(ホ・ヒョンマン著)/楽器たちの図書館(キム・ジュンヒョク著)、(下段左から)彼らの最初と二番目の猫・2019年第43回李箱文学賞作品集/韓国人文学者の日本/ショウコの微笑(チョ・ウニョン著)/カステラ(パク・ミンギュ著)/そっと静かに(ハン・ガン著)

2019-06-05 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません