ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年06月05日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【映画】『寄生虫』(奉俊昊監督)韓国初 カンヌ最高賞受賞

細々と暮らしていた一家が徐々に裕福な家庭に寄生していく©CJ Entertainment
 韓国映画誕生100周年となる記念すべき年の5月25日、奉俊昊監督の『寄生虫』(英題『パラサイト』)がカンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞した。韓国映画としては初の快挙となる。

 審査委員長を務めたアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督によれば、満場一致での受賞だという。
全員失業中で、半地下の家に暮らすギテクとその家族。ギテクの息子ギウが裕福なパク家の家庭教師になったことから、予期せぬ事件に巻き込まれていく。
ギテク役は、『殺人の追憶』『グエムル 漢江の怪物』『スノーピアサー』に続き奉俊昊監督作品4度目の出演となったソン・ガンホ。息子ギウは、『オクジャ』のチェ・ウシクが演じた。
他には、『ソニはご機嫌ななめ』のイ・ソンギュン、『後宮の秘密』のチョ・ヨジョン、『プリースト 悪魔を葬る者』のパク・ソダムらが出演している。
徐々にパク家に入り込み、寄生していく様子を描いたブラックコメディーで、奉俊昊監督の面目躍如との声が相次いでいる。
昨年は、是枝裕和の『万引き家族』が受賞した。アジアの文化を牽引する韓日両国の偉才が、世界を魅了している。

2019-06-05 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません