ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年06月05日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
未来へつなぐ在日1世の思い
川崎で、明るくたくましい「ハルモニ展」

 本紙1月23日号で紹介した『わたしもじだいのいちぶです』は、川崎市桜本に暮らすハルモニたちの飾らない言葉を紡いだものだ。この本をきっかけに生まれた繋がりを深めるためのイベントが1・2日、川崎市内で開かれた。

 展示の中に大きな甕(かめ)を見つけた。戦後の窮乏期にどぶろくを作ったり、キムチを漬けたりした甕だそうだ。
戦後、「あの朝鮮のおばちゃん家に行けば、おいしい酒をどんぶり1杯40円で分けてくれる。煮込みもモツもとびきりうまい」と評判になり、庶民同士の交流が始まったという話もある。

識字教室での作品


日本で手に入る材料を使いながら、祖国の味をつないできた。山野で見つかるエゴマやうんげ(和名はりきり)を食材に使った。川崎南部集住地域には、うんげの木が家庭の庭に植えられているのが散見できるという。「たとえ祖国の味と違ったとしても、それが私たちが美味しいと思う韓国料理なんです」と2世、3世の住人は語る。
つらい激動の時代を生きてきた。その歴史を背負いながらも、たくましく明るく生きる姿が会場に展示された写真からうかがえる。しかし、一方で戦争に対して、不当な差別に対しては力強くNOを突き付ける。
「つらいことも多かったけれど、振り返ると嬉しいこと、楽しいこともあった。いまは幸せです」との文面に安堵するとともに、これから日本が目指す共生社会にハルモニの存在が必要なのではと、長寿を願わずにはいられない。

写真上左=在日コリアンの味を守り通した壺/写真上右=カメラマンの大八木宏武さんが撮影し続けたハルモニたち

2019-06-05 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません