ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年06月05日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
影を落とす脱原発政策
UAE・英国で事業に暗雲

 2017年6月に文在寅政権が行った脱原発宣言後、韓国原子力発電産業の衰退が著しい。
国内では、脱原発政策を進める一方、それを補填するため輸出を強化する方針を掲げたが、まったく成果があがらない。新規開発案件の受注ができないばかりか、韓国水力原子力などが受注・開発したアラブ首長国連邦(UAE)のバラカ原発の整備・修理事業の今後の契約も危うくなってきた。バラカ原発原子力公社のモハメド・アルハマディ社長はバラカ原発現場から専門人材を撤収させたことでトラブルが発生。同社長は、韓国電力と韓国水力原子力に抗議文書を送付。今後の継続受注が難しくなってきた。
一方、英国原子力産業協会のティモシー・ストーン会長は、「韓国は英国で原子力発電所を建設しようとする意志はないようだ。韓国の脱原発政策で中国が最も大きな利益を得るだろう」と話した(韓国経済新聞)などの報道もある。

2019-06-05 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません