ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-12 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年06月05日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 日本に住む中国人の人権活動家が、「今の若い中国人は、天安門事件があったことすら知らないのです」と嘆いていた。30年前の6月4日、北京の天安門広場に集まった民主化を要求する市民に対し、軍が武力による鎮圧を始めた。正確な死傷者数は不明だが、これを最後に、中国では大規模な民主化要求デモは起きていない(香港で2014年、正当な選挙実施などを求める「雨傘運動」はあったが)▼理由は、中国当局の徹底した情報統制にある。インターネットでは天安門事件の検索結果は閲覧できないようになっている。30年前の出来事となると、30代前半でも記憶にないだろう。情報へのアクセスが制限されていれば、なおさらだ▼すでに中国では、民衆による大規模なデモは起こせないとも言われている。SNSを含め、ネット上の監視は厳しくなる一方で、街中には無数の監視カメラが目を光らせている。北韓も徹底した統制社会であるが、監視体制は中国の方が上かもしれないと思わせるほどだ▼本紙でも取り上げてきたが、特にチベットやウイグルでは、数人が集まることすら難しいほど監視が厳しくなっているという。例えそれが政治的な集まりではなくても、誤解されることを恐れて、あるいは当局に不当拘束の口実を与えないため、現地の住民は気軽に集まることすらできない▼天安門事件から30年。それを機に日本のメディアは事件を振り返って報じたが、国際社会の監視の目は、常に光らせておく必要があろう。

2019-06-05 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪・金剛学園に吹く革新の風
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
亀裂深まった韓米同盟
暴君のための洗脳教育を中止せよ
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません