ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年05月29日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今宵も徒然 韓ドラBOX ―新連載「たった一人の私の味方」

幅広い年代から支持を得た感動作 Licensed by KBS Media Ltd. (©)2018 KBS. All rights reserved

 韓国で最高視聴率49・4%を記録した傑作ドラマが登場。過去6年間に放映された地上波ドラマの中で最高視聴率を獲得。10代~60代の全年齢層の視聴率でも1位を独占した。幸せな人生に現われた犯罪者の父、悲劇に屈せず生き抜くヒロインと、その家族の姿を描いたヒューマンドラマだ。
特筆すべきはそのキャスト陣だ。ベテラン演技派俳優と若手実力派俳優が勢ぞろいした豪華なキャスティングで、ドラマの完成度はお墨付きだ。 
犯罪者となった父親役には、6年ぶりに地上波ドラマに復帰したチェ・スジョン。また、娘の恋人役を演じるイ・ジャンウは今作が軍除隊後の復帰作でもあり、注目を集めた。恋人役の2人は、かつて人気音楽番組の司会として共演しており、その息の合った演技にも注目だ。

◆ストーリー
過去に誤って人を殺害してしまったヨンフン。無期懲役の判決が下るが、27年後に模範囚として出所する。娘のドランとは関わらずに生きようと、名前を変え大手食品会社の経営者一族の家で運転手として働き始める。一方のドランは、ひょんなことからヨンフンが運転手を務める大手食品会社で働くことになる。ドランは会長の長男と急接近し、ヨンフンと出会ってしまう。

◆放送予定
全53回。6月26日(水)スタート。第1・2話無料放送。毎週月~金、午前8時15分~、WOWOWプライムで。

2019-05-29 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません