ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-12 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2019年05月29日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「弾道ミサイル」使わず あいまいな表現に終始
北韓の意向を忖度「洪吉童軍」との批判も

 韓国では、「父を父と呼べない人」を総じて「洪吉童」と称する。韓国軍に対する最近の呼び名は「洪吉童軍」だ。背景に、北韓が韓国を脅かすために発射した弾道ミサイルを、弾道ミサイルと呼ぶことができない現況があるからだ。(ソウル=李民晧)

 今月7日、国防部の定例記者会見で、合同参謀本部(合参)関係者と記者らが、4日に北朝鮮が元山で発射したミサイルを巡り、論争を繰り広げた。当時の合参と記者とのやりとりを抜粋すると次の通りだ。
記者「昨年2月、北韓の閲兵式に登場したKN―02改良型はミサイルですか」
合参「確認の上お伝えします」
記者「KN―02が何であるかは国防白書に記載されていますが(2018国防白書にはミサイルと明記)」
合参「国防白書に記載されている通りと理解してください」

今月21日、青瓦台本館1階の仁旺室。文在寅大統領の招待による韓米軍首脳部の午餐懇談会の様子(写真=青瓦台)
 KN―02は、北韓が旧ソ連のSS―21弾道ミサイルを模倣して造った、射程距離120~200キロの短距離弾道ミサイルだ。記者の質問は18年2月、北韓の閲兵式でこのKN―02を改良したモデルが登場したとみているからだ。
北韓は続く9日、平安北道亀城で弾道ミサイルを発射した。青瓦台と国防部はこのミサイルに対し「短距離ミサイル」と認めたが、弾道ミサイルかどうかは「分析中」との回答に留まり、公式には認めなかった。合参は、北韓が弾道ミサイルを発射すると国防部の番記者らにショートメールで「ミサイル」と送信したが、40分後に「不詳の発射体」と訂正した。
21日には、国軍統帥権者である大統領の口から誤解を招く発言が飛び出した。文在寅大統領はこの日、青瓦台で韓米軍首脳部を招いて午餐懇談会を開いた。その場で文大統領は、最近北韓が発射したミサイルを「短到(たんとう)ミサイル」と述べ、後に「間違えた」と訂正する出来事があった。大統領の発言は次の通りだ。
「韓米同盟の強固さと韓米両国の緊密な共助は、最近北韓の『短到ミサイル』を含む発射体の発射への対応も非常に優れていたと思います」
この発言を巡り、政府が「弾道ミサイル」と判断したのかという質問が飛び交うと、青瓦台はスポークスマンを通し「大統領の発言の中で『短到ミサイル』とあったが、確認したところ『短距離ミサイル』を言い誤ったもの」と訂正した。「弾道ミサイル」と言えば、北韓が国連決議に違反したこととなり、それは北韓の制裁につながる可能性が高い。
そのため、北韓の気分を害するのではないかと政府がヤキモキしているようだ、との指摘が出ている。こうした状況下で、発音も異なる「短距離」を「短到」と言い誤るなど、コメディーさながらの様相となっている。
世界の軍事専門家らは、北韓が4日と9日に相次いで発射したミサイルは「ロシア・イスカンデル弾道ミサイルの改良型」と断定している。しかし、韓国政府だけは「弾道ミサイル」というワードが禁句となっている。北韓軍と最前線で対峙している軍隊ですら、明々白々な北韓の「弾道ミサイル」を「弾道ミサイル」と言うことができないのでは、「洪吉童軍」と批判されるのは当然だろう。現況は、軍内の正論さえ届かない深刻なものといえるだろう。

2019-05-29 3面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪・金剛学園に吹く革新の風
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
亀裂深まった韓米同盟
暴君のための洗脳教育を中止せよ
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません