ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年05月29日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
SKグループ 週4日勤務制導入
文政権への忖度との批判も

 SKグループは21日、グループの中核会社であるスペックス(SUPEX)追求協議会と持株会社のSK株式会社で、「週4日勤務制(月2回)」を導入すると発表した。週4日勤務制の採用は国内の大企業では初めてとなる。同制度は、役員や重要プロジェクト担当者以外の社員は、基本的に第2、第4金曜日を休業日とするもの。
今回の決定に対して、産業界、SK内部からも疑問の声があがっている。
週4日勤務制が導入される2社は職員数が150人規模と少なく、製造部門を抱えていない。一方、SKグループの現在の主力産業は半導体。中心となるSKハイニックスなどは、工場の稼働を止めることができないため、同制度の導入が難しい。同社は、現時点で製造部門を抱えるグループ企業には同制度を拡大しないとしているが、グループ内で足並みがそろわないことが不安視されている。
一方、大企業が週4日勤務を採用したことで、他企業にも影響を及ぼすのではないかとの懸念もある。今後、他企業の労組がSKの事例を理由に、週4日勤務制を要求してくるのではと予想されている。
SKグループは文在寅政権にもっとも近い関係の財閥と言われている。現政権が推進する最低賃金引き上げや労働時間短縮、企業収益の社会還元などの政策に歩調を合わせてきた。北韓に原油を提供した疑いで抑留されているピ・パイオニア号のダオン・ロジスティック社はSK海運の子会社と協業関係にあり、北韓への不法輸出にも関与したのではないかとの疑念をもたれている。
一部では、週4日勤務制も文政権の政策を積極的に取り入れ、関係を強化するためではないかとの憶測も呼んでいる。

2019-05-29 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません