ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年05月29日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国の2019経済成長率を下方修正
貿易不振、内需の縮小など

OECD2.4%、野村證券1.8%予測

 経済協力開発機構(OECD)は21日、韓国の2019年の経済成長率見通しを2・4%に下方修正した。
OECDは昨年11月に、今年の韓国の経済成長率を2・8%と予想したが、3月に2・6%に下方修正、今回さらにマイナス評価の2・4%とした。
OECDは「今回の予測は、内需と貿易不振を反映したもの」とし、「海外からの需要の減少と、製造業の不振、2桁の最低賃金引き上げなどが雇用創出を妨げている」として経済停滞の原因に言及した。
さらに、成長鈍化を防ぐためには財政政策、緩和的金融政策、構造改革が必要だと助言。「韓国の重要な課題は、労働生産性を高めること」とし「これまでは、低生産性を長時間労働で補完してきたが、週52時間制の導入や製造業の就業者数の人口減少により難しくなった」と分析した。
経済成長率の見通しについて、OECD以外の機関もそろってネガティブな評価を発表している。
信用評価機関ムーディーズは2・1%に、韓国銀行は2・5%、LG経済研究院は2・3%、グローバル投資銀行である野村證券は1・8%まで大幅に下方修正した。さらに政府系シンクタンクの韓国開発研究院(KDI)も22日、「19年上半期経済展望」を発表し、昨年下半期の予測値2・6%を2・4%に下方修正した。
なお、経済成長率見通しに先立って、OECDから発表された今年第1四半期(1~3月)の経済成長率で、韓国はOECD加盟22カ国で最低だった。
韓国は、△0・34%成長だったが、マイナス成長だった国は韓国のほか、ラトビア(△0・3%)、メキシコ(△0・2%)、ノルウェー(△0・07%)で、韓国の成長率は最も低かった。OECD22カ国の平均は0・5%だった。

2019-05-29 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません