ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年05月29日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 日本列島が、異常な暑さに見舞われた週末だった。26日には何と北海道佐呂間町で39度超を観測。5月としてはもちろん、通年でも北海道の最高気温を更新する事態となった▼関東でもこの週末は、各地で猛暑日に迫る気温となった。その炎天下、都内で画期的な集会が開かれた。「大韓民国自由民主主義を守る在日協議会」(韓自協)の結成・決起大会だ。当日は355人が集まった。「韓国の自由民主主義、市場経済、憲法を守ろう」というスローガンに賛同した有志が、少なくともそれだけいることの証だろう▼産声を上げたばかりの韓自協だが、その活動は今のところ東京を中心とする関東一円に限られる。今後は全国へ、また韓国を含む世界各地の同胞社会へと活動の輪を広げていくことになるだろう▼歴史は時に、天気とともに記憶される。特に戦争では、天候が勝敗を左右し、後世に語り継がれる結果をもたらすことがある。桶狭間で雨が降っていなかったら、日本海海戦で濃霧が出ていたら…。歴史学者でなくとも、思いを巡らせてみたくなる▼そもそも天気予報は、戦争を機に発展した。天候が艦艇や火器等の使用を左右するためだ。太平洋戦争時の日本では、気象情報は軍事機密とされ、公開されなかった。その結果、台風の接近が知らされず、大きな被害をもたらすことも▼韓自協の活動は、武器を用いない戦争である。いずれ歴史の審判を受ける時が来れば、その決起集会は、異常な5月の猛暑とともに記憶されるだろう。

2019-05-29 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません