ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2019年05月29日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
1980年の春 同僚たちを裏切ったのは誰か

自由韓国党の沈在哲議員
 一昨年の11月、国会で「文在寅政権の法治主義の破壊を告発する」と記者会見を通じ、法治主義の破壊を理由に文在寅、任鍾晳、徐薫、尹錫悦を内乱罪として告発せよと主張した沈在哲議員(当時国会副議長)が主思派と戦っている。
沈議員は当時、手続きの正義は法治主義の核心と指摘、法治主義の破壊をこれ以上容認してはならならないと言い、文在寅政権と野党(自由韓国党)に適切な措置を促した。
今回、沈議員が共に民主党内の主思派出身らの標的となったのは、来年の総選挙を1年も残していない今、出馬を考えている政治家たちがライバルを汚す謀略と関連がある。
ことは柳時敏・盧武鉉財団理事長が先に1980年の春、当時ソウル大学総学生会長だった沈在哲議員が当局に逮捕されるや、尋問過程で仲間を裏切り、多くの犠牲者を出したとの攻撃が発端。主思派出身者らは柳時敏の肩を持ち、沈在哲議員を裏切り者と罵倒した。だが、柳時敏の主張は完全に捏造されたものだ。
沈在哲議員は当時の捜査記録と裁判記録などを提示し、戒厳当局に逮捕され、最も多くの仲間を裏切った人物が柳時敏と李海瓉(共に民主党代表)だったことを証明した。また、光州民主化有功者の資格のない政治家たちが有功者となった経緯を暴露した。
沈議員は、金大中前大統領が死刑判決を受けたのは反国家団体(韓統連)首魁としてで、それを立証する証言と証拠を提供したのが家族や側近らだったことも明らかにした。主思派の攻撃がブーメランとなった。

2019-05-29 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません