ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年05月22日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】『白仮面』金来成・著/祖田律男・訳
名探偵劉不亂が挑む二つの難事件 少年たちの勇気と知恵に胸が躍る

 ときは1930年代、白いマントで全身を覆い、ドクロを描いた白い仮面をかぶって現れる怪人の噂が全世界を駆け巡っている。その名も白仮面。いったい何者なのか、白仮面の素顔を見た者はだれ一人としていない。世界各国の大都会に出現しては国の宝物を盗み、邪魔をする者は容赦なく殺されるという。世にも恐ろしい白仮面。あるとき、「1週間以内に京城へ行く」という白仮面からの予告状が新聞社へ届く。
「愛する数百万の少年諸君!」という書き出しで始まる本作は、小気味よく痛快である。テンポの良い語り口は、まるで動画をみているかのよう。
白仮面に相対するのは、探偵小説家であり、東京警視庁から勧誘を受けるほどの名推理を発揮する劉不亂氏。劉探偵と共に事件を追うのは、水吉少年と親友の大準少年。さながら明智小五郎と少年探偵団VS怪人二十面相といったところか。
表題のほか、劉探偵が孤児院の5人の少年少女たちと冒険を繰り広げる『黄金窟』が収録されている。どちらの物語も、聡明で勇敢な少年たちの姿に、忘れていた何かが戻ってくるようだ。
論創社刊
定価=2200円(税別)

2019-05-22 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません