ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年05月22日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「文大統領は月から来たのか」―正しい未来党の前代表・劉承旼―
正しい未来党の前代表・劉承旼議員は15日、SNSを通じ文在寅大統領が14日に中小企業人大会で「今は体感できないかも知れないが、我々の経済は成功に向かっている」と発言したことに触れて、次のように批判した。「大統領は(別世界の)月から来たのか? すべての指標が最悪を示し、経済はどうみても長期不況に至る様相を呈している。いったい何を見てどういうつもりで我々の経済が成功に向かっているなどと言えるのか。文大統領が考える成功基準とは何なのか。文大統領には失敗を認める勇気が必要だ」と指摘した。

「党を不幸にしないでほしい」―正しい未来党院内代表・呉晨煥―
正しい未来党の院内代表呉晨煥議員は17日、「党全体が不幸になることを防ぐため決断して欲しい」として、正しい未来党代表・孫鶴圭議員に対し辞任を要求した。事の発端は、孫議員が先月の「高位公職者犯罪捜査処」方案処理に対し、独断で与党の「共に民主党」と合意したことによる。これは党の方針に反するもので、孫代表の指導力を疑問視する声が上がっていた。これに対し孫代表は16日、「私が党内の派閥守旧主義者たちに屈して辞任することはない」と発言し、党内からの反発を招いている。

2019-05-22 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません