ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年05月22日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
米ニュージャージー州議会が在日人権活動家を表彰

三浦小太郎氏(右)

 米ニュージャージー州議会は今年3月、北韓をはじめ、アジア地域の全体主義体制の下で抑圧されている人々の人権のため、日本で長期間にわたって献身してきた人士を顕彰する方針とした。
今回、ニュージャージー州議会の表彰対象は、長い間、「北朝鮮帰国者の生命と財産を守る会」の活動に携わり現在、中国共産党全体主義の抑圧の下に苦しんでいるチベット、ウイグル、南モンゴルなど、アジア諸民族の人権と自決権のための団体であるアジア自由民主連帯協議会の事務局長として活動している三浦小太郎氏と、やはり言論活動を通じて全体主義体制と長期間、闘争してきた統一日報発行人の姜昌萬氏が選定された。
ニュージャージー州の表彰状は、先月来日した盧學友失郷民中央協議会長が伝えた。

2019-05-22 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません