ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 政治
2019年05月22日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
政治警察国家へ進む文政権
警察を圧迫、捜査権限を統制へ

 共に民主党と政府、青瓦台が、警察の捜査権限を統制する。政府・与党は20日、国会で「国家捜査本部」の新設に合意した。国家捜査本部は、警察の捜査権限を統制する、民主党が主導した「高位公職者の犯罪捜査処」と似た組織。
今回の警察改革案の核心は、スパイなどの情報を収集する「情報警察」の捜査を制限、新組織の国家捜査本部を通じて統制することだ。
民主党は「情報警察統制システムを確立、政治関与や不法査察を遮断」「政治関与の刑事処罰を明文化し、警察情報の活動範囲を明示、情報警察の政治的中立を確固たるものとする」と言った。
これまで情報警察が大韓民国を脅かし得る政治性向の人物について情報を収集し捜査を進めると、当事者たちは人権侵害と主張し情報警察を非難してきた。他にも、自治警察制施行で警察権限の分散や警察大の新入生減縮にも合意した。

2019-05-22 1面
뉴스스크랩하기
政治セクション一覧へ
左派支配の学界を痛打「反日種族主義」
韓国民は官製「反日種族主義」と集団催...
立証された韓日GSOMIAの効用
官製反日で韓米日連帯を破壊
破綻の危機にひんする「1965年韓日...
ブログ記事
感情論
科学と相対主義
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
自由統一
米国 反米文在寅政権を抑制
北韓WMD除去の軍事訓練
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません