ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年05月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
近未来の悲喜劇に魅力 星新一と韓国演劇がコラボ
「SFショートショートの神様」

 韓国演劇界で注目されている演出家、チョン・インチョル氏がセレクトした日本のSF作家・星新一の作品を、韓国ナショナル・シアターが舞台化。これにより、韓国内で権威ある東亜演劇賞3部門を受賞。確固たる実力と人気とともに、東京芸術劇場に登場する。

 韓国ナショナル・シアターカンパニーは1950年4月の創立以来、韓国演劇界の中心的役割を担ってきた。伝統を受け継ぎながら、新作も手がける。演出家のチョン・インチョル氏はSFショートショート「ボッコちゃん」で星新一と出会い、衝撃を受け1000編を超える作品を読破。星作品には、著者の人間味あふれる大きな愛情を感じるという。
「ボッコちゃん」が表題となっている短編集は、ファンの間でも人気が高い。今回の上演6作品のうち3編が所収されている。それぞれのスリリングなラストは、今でも新鮮な驚きを伴う。日本で数多く映像化されてきた星作品だが、舞台でどのように表現されるか興味深い。
韓国と東京芸術劇場の交流は、同劇場芸術監督・野田秀樹氏による『赤鬼』が97年に韓国で上演されたことに遡る。2014年には野田秀樹作・演出の『半神』を韓日共同制作事業として両国で上演し、話題となった。韓日共同制作公演を20年以降、再び企画しているという。お互いの切磋琢磨による広がりは、演劇界でも確立されているようだ。
◆会場=東京芸術劇場シアターイースト。
◆日時=5月30日(木)・31日(金)19時開演、6月1日(土)14時・19時開演、2日(日)14時開演(上演時間90分)。
◆入場料=一般4000円、65歳以上3000円、25歳以下2000円、高校生以下1000円。
◆問い合わせ=東京芸術劇場ボックスオフィスTEL0570―010―296(休館日―5月13~17日―を除く10時~19時)

2019-05-15 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
金融危機の懸念増大
大法院判決 徴用工で初の韓日共同抗議
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません