ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-10 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年05月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「職は日本にあり」韓国の若者対象に就労支援

 パソナグループ(本社:東京都千代田区、南部靖之・代表取締役グループ代表)では、韓国の若者を対象に日本での就労を支援するため、約2カ月間の研修を兵庫県淡路島で実施する。8日に行われた開講式を取材した。

それぞれの夢を胸に(写真提供:パソナグループ)

 韓国国内における15~29歳の失業率は、今年の3月時点で10・8%(韓国統計庁)。同時期における日本の完全失業率(15~24歳で3・6%、25~34歳は3・9%―総務省統計局)と比較しても、かなり厳しい状況だ。一方、日本では人手不足が叫ばれている。特に地方企業や中堅中小企業にとって、IT関連スキルやグローバル感覚を身につけた人材の確保は難しい。
そこで双方のニーズに応えるべく「韓国IT人材就労支援プロジェクト」が動き出した。これは、新韓銀行、韓国外国語大学、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が共同で実施する「グローバル・ヤングチャレンジャー・プログラム」の日本コースとして、パソナグループが受託したもの。国境を越えて互いの社会問題を解決する。
プロジェクトは、韓国外国語大学実施のITスキル研修を修了し、日本での就職を希望する韓国の若者50人(今回参加は48人)を対象に、兵庫県淡路島で5月1日から6月21日まで研修という形で行われる。日本語習得、業界研究、日本文化学習、企業参加のワークショップなど230時間ほどをこなす。研修生の費用負担はない。
8日の開講式でパソナグループ山本絹子取締役副社長執行役員は「日本と韓国のソフトパワーを一緒に発信していくことで、両国の絆を深めることに繋がる」と挨拶。参加者を代表してイ・ダヒョンさん、ソン・ビョンウクさんがそれぞれ「夢をかなえる場所として日本を選んだ」「日本社会における約束事をしっかり学んでいきたい」と語った。

2019-05-15 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
韓国与党が中国共産党と政策協約
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
오사카금강학원 新 이사장에 崔潤 씨
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません