ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 経済
2019年05月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
首都圏(高陽・富川)に住宅30万戸供給へ
地下鉄新設などで交通問題を解決

 韓国国土交通省は7日、「首都圏の住宅30万戸の供給案第3次新規宅地推進計画」を発表した。
今回の計画で住宅開発の比重が最も大きい地域は高陽市昌陵洞(813万平方メートル・3万8000世帯)、富川市大壮洞(343万平方メートル・2万世帯)。 
他にも京畿道地区の他地域に100~1000世帯規模で宅地を造成する計画だ。
高陽市昌陵洞は、不動産業界で「交通後進地域」と称されてきた。ソウルの中心部に移動する際、50分~1時間30分程度を要するからだ。文在寅政権は地下鉄を新設することで、交通問題を解決する方針。高陽市昌陵洞地区に近い地下鉄6号線セジョル(新寺)駅から高陽市庁までの約14・5キロメートルの「高陽線(仮称)」を新設する計画だ。そのほかBRT(バス・ラピッド・トランジット)を設ける予定だ。
富川市大壮洞も金浦空港駅(空港鉄道5・9号線)と富川総合運動場駅(7号線)を結ぶ総延長17・3キロメートルのS(スーパー)BRTを開設する計画。
今回の新都市開発に対して「地方の住宅需要は限られているため、新都市が開発されると他都市が衰退するのでは」「計画を発表してもコストに一切触れていない」など批判の声も上がっている。

2019-05-15 2面
뉴스스크랩하기
経済セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません