ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-05-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年05月15日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 ある知日派の韓国人が漏らした一言を思い出した。「日本には天皇陛下がいる。これは韓国との大きな違いだ」。彼はその時、韓国の政治制度について話しており、その流れでの発言であった。もちろん、天皇に政治的な権限はなく、象徴であると認識した上での発言である▼韓日の政治制度の問題はともかく、日本は「平成」から「令和」へと年号が変わり、新しい時代に突入した。そんな中、韓半島では混乱が激化してきている▼4日朝、北韓が東部の元山から日本海に向け数発のミサイルを発射した。9日にも北西部の平安北道・亀城付近から東方向に2回発射。専門家の多くは北韓が公開した画像などを分析し短距離弾道ミサイルと断定した。ロシア製の「イスカンデル」ではないかと見る専門家が多い▼同ミサイルは低空を飛ぶため、THAADなどでも迎撃できない。安保面を考えると、韓国にとって大きな脅威だ▼そんな中、日米両国が弾道ミサイルであると発表したのに対し、韓国は「飛翔体」と言葉を濁し、北韓に対する食糧援助を申し出るなど親北路線を継続している。従北政権は自国の安全を放棄した▼民団は文政権発足以降、同政権の支持を続けている。民団中央の呂健二団長は、南北首脳会談の「平壌共同宣言」に対して、いち早く支持の談話文を出した。発表同日、どの団体より早くだ▼金正恩が完全非核化を事実上廃棄した以上、呂団長は、「平壌共同宣言」支持を撤回し、同宣言を支持したことを重く受け止め責任をとるべきだ。

2019-05-15 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
主思派政権 反逆クーデターが最終段階へ
金正恩を日本の法定で裁こう!
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓自協結成・決起大会 参加に反対せず
韓国2大航空財閥が混迷
ブログ記事
金正恩の殺戮の歴史
太極旗決起、ソウル国立顕忠院から光州まで民心の爆発
光化門に登場した太極旗キャンプ
自由民主の大韓民国陣営がなすべきこと
文在寅独裁打倒、光化門行進
自由統一
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません