ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年04月24日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国発アニメーション映画祭
日本でも幅広い層に人気

 韓国唯一のインディーズ・アニメーション映画祭「インディ・アニフェスト」の最新作が19~21日、都内で上映された。韓国インディペンデント・アニメーション協会(KIAFA)の崔裕眞事務局長と、チョン・スンベ監督にアニメーションの魅力を聞いた。

 「花開くコリア・アニメーション2019+アジア」と銘打ったこの映画祭は、今年で12回を数える。主催はKIAFAとUPLINK。後援に大韓民国体育観光部、韓国文化院、日本アニメーション学会など。上映作品は短編18本と長編が1本、加えてベトナム、台湾、中国、日本などアジアの作品10本だ。

 KIAFAの崔裕眞事務局長によれば、韓国のアニメーションは90年代に自由民主化運動の一環として作られ始め、当初はメッセージ性が強かった。95年に大学に初のアニメーション学科ができ、卒業生が活躍し始める2000年頃から、様々なテーマや技法で数多くの作品が登場するようになった。また、同じ時期にアニメ製作に対する政府の支援も始まったという。
「花コリ」の愛称で親しまれているこの映画祭には「常連」も多い。「韓国では20~30代が主ですが、日本では50代くらいまで幅広い年齢層の方がいらっしゃいます」と崔事務局長。
チョン・スンベ監督は、精巧な人形アニメーションで注目されている。今回の『土曜日の多世帯住宅』では、危い現代の人間関係をかわいらしい人形で表現し、視点を変えれば新しい未来の可能性があるとのメッセージを込めた。

写真:(上)チョン・スベ監督の作品『土曜日の多世帯住宅』(中段左)東京のほか大阪(4月終了)と名古屋(7月)でも開催(中段右)映画祭をアピールするKIAFAの崔裕眞事務局長

2019-04-24 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません