ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年04月24日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 朝鮮王朝時代の小説「洪吉童伝」の主人公・洪吉童は、韓国では誰もが知っているキャラクターだ。大臣の息子として生を受けたが、嫡子でなかったことや父の本妻に疎んじられたこともあり、義賊として活躍したという▼この小説とどこか似ているといったら語弊があろうか。ただ、それを想起せざるをえないのが、スペインにある北韓大使館の襲撃事件だ。2月22日に起きたこの事件は、北韓当局ですら事実だと認めている▼襲撃に関与したのは、「自由朝鮮」という団体の関係者で、同団体は一昨年、暗殺された金正男の息子・ハンソル氏を保護しているとして、その存在を広く知られるようになった。金正恩政権打倒を掲げ、北韓の臨時政府樹立をうたっている▼スペインでの大使館襲撃では、職員のパソコンを奪って去っていったという。今後、それを解析した情報が表に出されるのか、組織内で対北活動に役立てられるのかは不明だが、これまでになかった”強硬派”対北団体の活動から目が離せない▼北韓当局は「大使館員らを拘束、殴打、拷問して通信機材を強奪した重大なテロ行為」(朝鮮中央通信)などと非難しているが、幾度もテロ行為を繰り返してきた北韓当局が、いまさら何をか言わんや、である▼韓国系の元米海兵隊員が逮捕されるなど、これまで明らかになっていなかった実態は、徐々に明かされつつある。いずれにしろ、北韓解放に対する動きの波は、世界中に広がっている。「自由朝鮮」の今後を注目したい。

2019-04-24 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません