ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-05-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年04月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】『越えてくる者、迎えいれる者』(脱北作家・韓国作家共同小説集 和田とも美訳)

 本書は、越えてくる者、つまり脱北作家と、迎え入れる者となる韓国の作家の共同小説集である。第1部は「定着地へのメッセージ」として、脱北作家の6作品が収められている。脱北作家の著作というと内部告発や脱北過程の困難さに焦点を合わせるイメージが付きまとうが、本書で展開するのは北韓の人々の喜怒哀楽、やさしさ、したたかさの物語だ。非常識なことだけが聞こえてくる不気味な国でも、市井の人々は毎日を一生懸命に生きているのだ。そんな当たり前のことに気づかされる。
第2部は「迎えいれる者たちの当惑―引き受ける責任」として、韓国作家7人の作品が並ぶ。脱北者の孤独や韓国側が受け入れに苦悩する様が描かれ、もどかしさや切なさが全編からにじみ出ている。同じ感情を持つ人間同士だと理解することが、問題解決の一歩となりはしないか。北送事業で北韓へ渡った在日コリアンが主人公の作品も収録されている。当時の様子がわかり、記録としての側面からも興味深い。
アジアプレス出版部刊
定価=1380円(税別)

2019-04-17 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
主思派政権 反逆クーデターが最終段階へ
金正恩を日本の法定で裁こう!
1800年にわたる韓日交流史をたどる...
韓自協結成・決起大会 参加に反対せず
韓国2大航空財閥が混迷
ブログ記事
金正恩の殺戮の歴史
太極旗決起、ソウル国立顕忠院から光州まで民心の爆発
光化門に登場した太極旗キャンプ
自由民主の大韓民国陣営がなすべきこと
文在寅独裁打倒、光化門行進
自由統一
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません