ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 文化
2019年04月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
【BOOK】『星をかすめる風』(イ・ジョンミョン著/鴨良子訳)
尹東柱をめぐる愛と死の物語 虚構の中の美しい文字の世界

 舞台は第2次世界大戦中の日本、福岡刑務所だ。冷酷な看守かつ厳しい検閲官であった杉山道造が何者かに殺害される。犯人を探すよう命を受けたのは、学徒兵出身の看守・渡辺優一、本書の語り手でもある。手がかりは被害者の看守服から見つかったわら半紙。そこには一遍の詩がきちんとした文字で書かれていた。事件を調査していく過程で、渡辺は尹東柱という囚人と出会う。
本書は、尹東柱と関わることで内なる自分の声にあらがえなくなった杉山と渡辺を描き、同時に言葉が持つ力を訴える。まさに「一行の文章が人々を変え、ひとつの単語が世の中を変える」ほどの力なのだと。
モチーフになっているのは『空と風と星と詩』で知られる詩人、尹東柱だ。同志社大学在学中に治安維持法違反に問われ、1945年2月に獄中死している。本書に引用されている詩で尹東柱の世界に触れることができる。
もしかしたら、ここに書かれている物語が本当にあったかもしれない、いや、あったに違いないとの思いが強くなる。著者が言うところの美しい虚構を十分に楽しむことができる作品だ。杉山を殺したのは誰か、その謎も最後の最後まで読者を惹きつける。
論創社刊 定価=2200円(税別)

2019-04-17 6面
뉴스스크랩하기
文化セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません