ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-05-23 11:19:35
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年04月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
中共に抗う内モンゴルの人々
弾圧と虐殺くぐり抜け

 中国共産党独裁に抵抗する在日南モンゴル会議のオルホノド・ダイチン(Daichin Olhumnud)幹事長が招請したウリジンバヤル氏(78歳)訪日を歓迎する集いが13日の夜、東京都内のモンゴルレストランで開かれた。
ウリジンバヤル氏は、1960年代に中国共産党によって弾圧と虐殺が行われた南モンゴルからモンゴル人民共和国へ脱出、波乱万丈の人生を生きてきた。現在、米国で医師として生活しながら南モンゴル運動を支援している。
ウリジンバヤル氏の今回の訪日は、自伝『私のモンゴルへの望む心』の日本語訳の問題などを話し合うため。
モンゴルは南北に分かれた後、現在は使用している文字も違う。キリル文字で書かれた伝記は、氏が17歳のとき、友達と一緒に命がけで砂漠を越え南モンゴルを脱出したことから、共産主義の残虐性を告発した具体的な内容も含まれている。中国語に翻訳すれば命が危ないと脅迫されたという。
写真:南モンゴル運動を支援するウリジンバヤル氏

2019-04-17 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
韓自協結成・決起大会 参加に反対せず
文在寅政権は金正恩の傀儡
大阪・金剛学園に吹く革新の風
文在寅独裁打倒集会
「職は日本にあり」韓国の若者対象に就労支援
ブログ記事
金正恩の殺戮の歴史
太極旗決起、ソウル国立顕忠院から光州まで民心の爆発
光化門に登場した太極旗キャンプ
自由民主の大韓民国陣営がなすべきこと
文在寅独裁打倒、光化門行進
自由統一
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩
「北朝鮮人権侵害東京法廷」設置を提案


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません