ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 在日社会
2019年04月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
母国に住む在日同胞の集い「本国会」
41年の伝統を持つ親睦会

本国会総会のもよう
 母国に住む在日同胞たちが親睦を深めるための集い「本国会」をご存知だろうか。団体の公式名称は「在日韓国人本国会」(朴相圭会長)だ。年に1回開かれる総会はいつしか41回目を迎えた。伝統ある親睦の集いだ。
本国会は12日、ソウル・新村で総会を兼ねた集いを開き、久しぶりに故郷の人々が一堂に会した。会員たちには共通点がある。日本で生まれた在日同胞であり、韓国で生活しているという点だ。職業も年齢層も様々だ。大学教授から研究員、経営者、主婦まで、年齢層は30代から70代までと幅広い。経営者だけでも業種は様々だ。自動車や携帯電話などの部品メーカー、韓日貿易業、モノレールの製造、日本のラーメンチェーン店社長などだ。
本国会の中でも、会員同士でゴルフ、カルチャーなどの会を自発的に運営している。
朴相圭会長は「意外にも本国会の存在を知らない在日同胞が多い。故郷の人々が会い、楽しく語ろうという純粋な親睦団体なので、より多くの方々に参加してもらいたい」と思いを語った。
本国会TEL(+82)2・756・9168
E-mai:lhongokukai2017@gmail.com
(ソウル=李民晧)

2019-04-17 4面
뉴스스크랩하기
在日社会セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません