ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年04月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 やはりというべきか、このほど行われた韓米首脳会談は、まったくといっていいほど成果を見いだせない結果に終わった。むしろトランプ米大統領が示した態度は、韓国にとっては想像以上に厳しいものとなったといえるだろう▼文在寅政権の外交面での手詰まり感は、これでさらに強まったといえる。同盟国・米国からは「金正恩の代弁者」としか見られていないことが明らかになり、信頼関係は皆無に等しい。日本との関係はいわずもがな、対米関係以上に冷え込んでいる▼そもそも、北韓の代弁者としての立場すら危うい。金正恩は、やはり核放棄の意思などないことを、改めて鮮明にしている。「核放棄しますから、制裁の一部解除を…」などと文大統領がいくら訴えても、当の金正恩がそれと正反対の行動を取っているのだ。ましてや、「開城工業団地と金剛山観光事業の再開」などといったオプションは考えられるはずもない▼いよいよ行き詰まった外交以外に目を向けても、明るい材料は見えてこない。そろそろ任期が満2年になろうとしている今、文大統領に向けられているのが、先般の江原道での大規模山火事で、「空白の5時間」があったという疑惑だ▼思い起こせば5年前の同じ4月、旅客船セウォル号が沈没した際の朴槿惠前大統領に「空白の7時間」があったとし、批判の急先鋒に立ったのが現与党だ。街頭では文大統領批判の声が高まっている。任期の半分にも満たない今、現政権のレームダックは着実に近づいているようだ。

2019-04-17 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「自由民主市民統合連帯」結成を呼びかけ
北韓人権問題に消極的な日本当局
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません