ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年04月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 やはりというべきか、このほど行われた韓米首脳会談は、まったくといっていいほど成果を見いだせない結果に終わった。むしろトランプ米大統領が示した態度は、韓国にとっては想像以上に厳しいものとなったといえるだろう▼文在寅政権の外交面での手詰まり感は、これでさらに強まったといえる。同盟国・米国からは「金正恩の代弁者」としか見られていないことが明らかになり、信頼関係は皆無に等しい。日本との関係はいわずもがな、対米関係以上に冷え込んでいる▼そもそも、北韓の代弁者としての立場すら危うい。金正恩は、やはり核放棄の意思などないことを、改めて鮮明にしている。「核放棄しますから、制裁の一部解除を…」などと文大統領がいくら訴えても、当の金正恩がそれと正反対の行動を取っているのだ。ましてや、「開城工業団地と金剛山観光事業の再開」などといったオプションは考えられるはずもない▼いよいよ行き詰まった外交以外に目を向けても、明るい材料は見えてこない。そろそろ任期が満2年になろうとしている今、文大統領に向けられているのが、先般の江原道での大規模山火事で、「空白の5時間」があったという疑惑だ▼思い起こせば5年前の同じ4月、旅客船セウォル号が沈没した際の朴槿惠前大統領に「空白の7時間」があったとし、批判の急先鋒に立ったのが現与党だ。街頭では文大統領批判の声が高まっている。任期の半分にも満たない今、現政権のレームダックは着実に近づいているようだ。

2019-04-17 1面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません