ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年04月10日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今週の人言(ひとこと)

「私を抹殺する者に立ち向かう」―無所属議員・孫惠園―
木浦の中心部で不動産投機にかかわったとの疑いを受け、共に民主党を脱退した国会議員の孫惠園氏は4日、自分への非難に対しSNSを通じて反論した。孫議員は「私の人生のすべてを抹殺しようとしている者は、許されるべきではない。だから立ち向かう」とし、父親の独立有功者指定に関する疑惑にも「国のために命を懸けた父に噛みつくことは許さない。あなたがたの父親はその時、何をしていたのか」とも述べた。孫議員は投機の疑いのほかにも、自身の父親を独立有功者に選定するよう圧力をかけた疑惑も持たれている。

「北韓の兵器はさし迫った脅威」―米北方軍司令官・テレンス・オーショネッシー―
米北方軍司令官兼北米航空宇宙防衛司令部司令官テレンス・オーショネッシー氏は米上院軍事委員会で3日、「北韓が備蓄した核兵器とICBMはさし迫った脅威だ」と語った。オーショネッシー司令官は書面での報告書においても「金正恩は韓半島で軍事的衝突が発生する際、米本土に向けた核兵器やミサイルの使用計画ができているのは確かなことだ」と報告している。同氏は「現在、北米航空宇宙防衛司令部は、北韓のミサイル攻撃から我が国を守ることを最優先任務にしている」と述べた。

 

2019-04-10 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
韓国与党が中国共産党と政策協約
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
오사카금강학원 新 이사장에 崔潤 씨
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません