ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-13 00:00:00
Untitled Document
ホーム > ニュース > 社会
2019年04月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
今宵も徒然 韓ドラBOX ―新連載「運命と怒り」
運命的な愛と壮絶な怒りが交錯する

©2018.2019Hobakdungkul & iHQ all rights reserved.

 チュ・サンウクとイ・ミンジョンが4年ぶりに共演。運命的な愛とすさまじい怒りによって、抜け出せない罠に陥った4人の男女の愛憎を描く。韓国ドラマの王道の一つであるドロドロ系ドラマ。
イ・ミンジョンは、美貌と才能を兼ね備えるが、不遇な家庭環境のため人生のどん底に落ちたク・ヘラ役を演じる。どん底から抜けだすため、財閥であるゴールドグループの次男テ・インジュンに近づいて自らの運命を切り開こうとする。
一方、チュ・サンウクは財閥2世のテ・インジュンを演じる。反抗もせず父の言う通りに生きてきたが、実は大きな野望があり、大株主の娘と政略結婚の約束をするが、偶然出会ったヘラが気になり始める。
◆ストーリー
靴作りを学ぶためイタリアに留学したヘラ(イ・ミンジョン)は、借金返済のために父が残した靴工房で偽ブランド靴を売っていた。一方、ゴールド製靴の社長インジュン(チュ・サンウク)は会社の立て直しに奮闘していたが、父である会長からは大株主の不動産会社社長の娘、アナウンサーのスヒョン(ソ・イヒョン)と結婚するよう言われていた。ある日、ヘラとインジュンは運命的な出会いをする。そこに、まるで2人を邪魔するように現れたスヒョンとテオ(イ・ギウ)。4人の運命が交わり、そして動き始める…。
◆放送予定
4月21日(日)スタート、毎週日曜午後11時15分~、2話連続放送。DATVで。

2019-04-03 5面
뉴스스크랩하기
社会セクション一覧へ
「自由民主市民統合連帯」結成を呼びかけ
北韓人権問題に消極的な日本当局
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません